解決策を試す|不動産売却を賢く活用|最高の暮らしを手に入れる近道

不動産売却を賢く活用|最高の暮らしを手に入れる近道

解決策を試す

模型と電卓

住宅ローンの滞納を任意売却で解決する

住宅ローンの返済が困難になった場合、任意売却で解決することが可能です。任意売却とは強制執行である競売と異なり、債権者との話し合いによる合意を得て住宅を売却することを言います。では任意売却でどのような解決方法があるのか見ていきましょう。住宅を売却しても、そのまま住み続けたい場合には2つの解決方法があります。まず1つ目は親子間や親族間で売却し住み続ける方法です。一般的に親子間売買においての住宅ローン融資は難しいと言われるため、専門家に相談する必要があります。2つ目には売却した相手と賃貸契約を結び、家賃を払うことで住み続けるという方法です。またこの方法では将来買い戻すことも可能な場合もあります。いずれの方法も子供の転校や高齢者の転居を避ける事ができるため、諦める前に検討しましょう。

他にどのような方法があるか

任意売却での解決方法で最も多いものに、引越し代を捻出させる方法があります。任意売却した後の生活を安心して計画できるメリットがあり、任意売却後の残債務も債権者と相談することが可能です。またマンション管理費や税金滞納分も考慮されます。任意売却では以上のような解決方法があります。競売と異なり債権者との話し合いができること、任意売却後の生活の計画を立てられること、近所に住宅ローンの滞納が知られないことなど多くのメリットがあります。債権者との話し合いや、どの解決方法を選べばいいのかなど、ご自身で行うのが難しい場合には専門家に相談するとよいでしょう。特に債権者が複数いる場合や時間の余裕がない場合は、専門家の存在は大きなものになるでしょう。