任意売却と瑕疵担保|不動産売却を賢く活用|最高の暮らしを手に入れる近道

不動産売却を賢く活用|最高の暮らしを手に入れる近道

任意売却と瑕疵担保

木の家とお金

任意売却は一般的不動産とは販売条件が違います。 任意売却物件は任意売却依頼者の殆どが倒産者や住宅ローン破綻者の物件です。いわば訳有り物件です。 それ故に一般不動産とは価格的には凡そ一割減以下での売り出しとなります。 特に一般売却物件との違いに瑕疵担保責任が免責されることです。ローン破綻者や倒産者であれば物件引渡し後瑕疵が見つかってもそれを保証する能力は当然ありません。あくまでも購入者の責任であり仲介業者にも責任を負わすことができません。 不動産売買契約時は必ず重要事項説明がされます。それは契約書に細かい字で長々と記していますので仲介業者はその内容を一時間くらいをかけて購入者に丁寧に判り易く説明する事を義務づけられています。 瑕疵担保責任がない事の説明は特に重要です。

任意売却物件はリフォームがされることはありません。 それ故不動産業者への販売以外の一般購入者には予想されるリフォームに掛かる費用を価格から差し引いての価格設定となります。 不動産業者はそれらを心得ていますから余り内容的に費用がかかりそうなら土地価格としての購入となります。 任意売却物件にはオーバーローンとアンダーローン物件があり古い物件はアンダーローン物件が多いものですから不動産業者が直接買取る事がわりと一般的です。 しかし実際としてはオーバーローン物件が殆どで常に債権者に任意売却の同意を得る事ができるかが最大のターニングポイントとなります。 ちなみにオーバーローンとはローン残債が売り価格より多い事を称し、アンダーローンは実売価格より低い事を称します。