不動産売却を賢く活用|最高の暮らしを手に入れる近道

解決策を試す

模型と電卓

思うようにお金が貯まらなかったり、ボーナスの額が低かったりするとローンが払えないことがあります。そのような場合でも、任意売却を利用すると住宅を手放すことができるので便利です。

もっと見る

土地を手放す

男性

自分が相続した不動産を売却する場合にはそれなりの理由があります。土地は相続したけどもすでに自分で家を持っている場合や両親と離れて暮らしている場合、そもそも家が必要ない場合は、そのまま放置しておくと面倒なことになります。それは固定資産税がかかってしまうからです。固定資産税はその年の1月1日に土地や建物を持っていることで発生するのです。それを避けるために相続不動産売却を行います。目黒区で相続不動産売却を行うことで、無駄に税金を払わなくて済むようになります。また、相続をしたまま土地を放置しておくと住宅は老築化してしまいその不動産の価値が一気に下がってしまう恐れもあるのです。そのためにも相続不動産売却を行うのが得策です。

相続不動産売却をする前に知っておきたいこととは何でしょうか。目黒区で相続不動産を売却する時には登記名義が自分自身になっている必要があります。普通、相続をする時に登記を被相続人(亡くなった親族)から相続人(自分)に移すのですが、相続登記には時間制限がありません。忙しいから後でいいやということになるとそもそも他人登記の不動産を売ることになり、代理権が授与されていないと売ることは不可能です。そこでできるだけ早い段階で相続登記を自分に移す必要があるのです。登記を移した後は、売却が行えますが、不動産を売却したことで譲渡益、つまり利益が出た場合にはその利益に対しても課税の対象になります。確定申告が必要になるのです。

任意売却と瑕疵担保

木の家とお金

任意売却を行うときは一般市場で売却ができるものの、全く同じように売却出来るかというと多少異なります。それは瑕疵担保責任が免責されるという点です。そのため購入者はこのことを知らされます。

もっと見る

住宅見学会に参加

家のイラスト

新築住宅を建築する場合は、住宅見学会に参加しておくことが大切です。家族みんなで参加することで、意見交換を進めながら検討が出来るので、理想に合った住宅プランを組んでいくことが出来ます。

もっと見る